無添加キャットフードは猫の内臓に負担をかけない

人間にとっては、添加物の有無を気にすることは面倒なことも多いでしょう。
気にしていれば人付き合いにも支障をきたすこともあるので添加物を気にするのがばかばかしいという意見さえあります。
しかし、キャットフードの場合は話が違います。

激安キャットフードに使用されていることが多い
合成着色料香料エトキシキンBHTのような合成保存料といった添加物は、
実験で安全性を確かめられているとはいえ、毎日のように摂り続けて気持ちの良いものではありません

それに、添加物を食品と一緒に吸収する際に、確実に内臓に負担がかかることも事実です。

添加物を体内で無害な物質になるまで分解することも余計な負担ですし、
場合によってはその負担の蓄積が、将来の原因不明の体調不良や癌といった病気にかかるリスクになります。

無添加キャットフードは嗜好性も良い


無添加キャットフードは嗜好性が良いものも多くあります。
猫が魚が好きか、肉が好きか、といった好みによって好き嫌いはあるのでしょうが、
香料に頼らなくても自然のままの香りだけで十分おいしいと感じられる素材を使っているので
嗜好性は高くなるように作られています

無添加キャットフードも種類は多いので、
1つ試してみて食いつきが悪かったとしてもそこで諦めてはもったいないです。

今までのキャットフードに根気よく混ぜこむなどして、
少しずつでもよいので食べてほしい無添加キャットフードを食べてくれるようにしつけてみましょう。

無添加キャットフードは総合的に見ると安い


無添加キャットフードには、猫の免疫機能を向上させるハーブやフルーツが使用されていたり、
高品質な肉や魚を使用していたりするなど素材の面からもこだわりが見られるものが多いです。

そのため、添加物を使用して素材の面も不透明な激安キャットフードと比較すると
猫の健康への貢献度は大きいというメリットがあります。

ヘルシーな原材料だけで作られた無添加キャットフードを食べ続けることで、
将来大きな病気をするリスクを下げられることは総合的に見ると安上がりとも考えられます。

無添加キャットフードを食べていても気を付けたい病気


しかし、無添加キャットフードを食べていても病気になる場合はあります。

猫にはドライフードを食べていることでかかりやすい泌尿器系疾患や、腎臓病のリスクがあります。
これは、どのようなキャットフードを食べていても一定のリスクがある病気です。
十分な水分を摂ることと、マグネシウムやカルシウム、リンといった成分のバランスが関係していますが、
100%予防できる方法は獣医師でもわからないといいます。

飼い主としてできることは、水分をよくとらせるように水を複数個所に置くなどといった工夫が最優先です。
そして、できることなら総合栄養食の無添加ウェットフードを主食として与え、
ドライフードをおかずとして与えることが泌尿器系疾患にかかりやすい体質の猫にはお勧めです。

甲状腺機能亢進症はシニア猫にとってリスクが高い病気

そして、無添加キャットフードを食べていても防げない病気として
シニア猫が気を付けたい甲状腺機能亢進症を例に挙げます。

10~12歳を超える猫で異常に元気が良くて食欲があるという場合、
かなりの確率で甲状腺機能亢進症になっていることがあります。

食べているのに痩せていくというのがこの病気の目立つ特徴なので、
毎日体重を測って痩せていないかどうかを確認すると安心です。

この病気はヨウ素を過剰に含む食材が原因だとされ、
ヨウ素を制限した食事療法が主な治療法になります。
飲み薬もありますが、毎日飲み続けるのが負担にならない猫は少ないです。

こうなってしまうと、キャットフードの原材料について細かいことを言っていられなくなります。

無添加のキャットフードの中でも、
マグロやカツオを使用しているものなど魚を中心にしているキャットフードを選んでいると
比較的リスクが高いといわれています。
できれば肉類のキャットフードを食べてもらいたいところです。

まとめ

無添加キャットフードを選んでいても、病気になることを完璧に避けられるわけではありません。
しかしそれでも、無添加キャットフードには
猫の体に余計な負担になる添加物を使用したキャットフードよりも安心感があります。

原材料を見ていて、おいしそうと思えるようなキャットフードを与えてあげたいというのが飼い主の心情です。

そこに着色料や香料、合成保存料の表記があることで余計な不安をあおられてしまいます。

できる限り無添加のキャットフードを与えることで、
猫の内臓への負担が少しでも減るなら十分選ぶメリットがあります。

どんなキャットフードを食べていても、年を取ることで病気になる日はやがて訪れます。

それでも、品質の良いキャットフードを食べてきた猫のほうが症状も軽く済むことも多いです。

無添加キャットフードは激安ではありませんが、
猫の健康をサポートする最低限の栄養を取ることができるキャットフードとして
適正な価格で販売されています。

安すぎるキャットフードの価格には疑問を持つ姿勢が重要です。

無添加キャットフードの比較ランキングを公開しています