猫の歯周病対策は子猫の時から習慣づけよう

猫は虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。
猫が歯周病になってしまうとキャットフードを食べたり、水を飲むときに
しんどそうな様子を見せます。

気づかずに放置していると、突然歯がぐらついて抜け落ちることもあります。
できればそこまで歯周病が進行する前に
歯周病対策をしてあげたいところです。

本来なら子猫の時から気にかけて、
歯磨きをする習慣を身に着けておくことが理想です。

1歳以上の成猫になってから歯磨きに挑戦すると。
口を触られるのを嫌がって猫用の歯ブラシがうまく入らないこともしばしばです。

子猫時代から口を触られることに慣れ、定期的な歯ブラシによる歯磨きをしていれば
歯に歯垢がこびりついて
そこに歯周病菌が増殖し、歯周病になってしまうことも防げます。

歯磨きができない猫にもできる歯周病対策


ずいぶん長い間歯周病対策をすることなく年を取ってしまった猫でも、
歯ブラシを使わない歯周病対策があります。

それは水に混ぜて飲ませるタイプのものや、
スプレータイプのものなどがあります。

水に混ぜたり、スプレーして口の中に吹きかけるだけなのでとても簡単にできます。

猫の歯周病対策商品は他にもいくつかスーパーでも見かけます。
しかし、添加物入りの商品が多いことが気になります。
水に混ぜるタイプや飲むだけのタイプなど、
便利で安いものもありますが、
安息香酸ナトリウムなどの添加物が入っていたりすると躊躇します。

猫にはできるだけ、無添加の歯周病ケア商品で歯周病対策をしてあげましょう。

猫の歯周病対策はシニア猫になってから特に指摘される


猫の歯周病対策は、子猫のうちから継続していることが
猫の一生の健康を左右します。

シニア猫になっても歯周病対策をしていなければ、
健康的だった白い歯がいつの間にかこびりついた歯垢で黄色くなり、
歯が抜け落ちることがあります。

そこで初めて歯周病対策を意識するようでは遅いくらいです。

シニア猫になってからも健康な歯と歯肉を維持していると、
最後までキャットフードを自分で食べることができます。

歯周病対策を怠ったばかりに、
最後は液体食しか食べられないようになることもあり得ます。
食欲だって、自分の歯で食べられなくなれば当然のように減退してしまいます。

実際に歯が1本抜け落ちてから指摘される猫の歯周病は、
子猫の時からしっかりとケアしておくことが重要です。

関連リンク